丹羽桃子

og06私が今ソフトボールを続けているのは、元気クラブに入って色々な出会いがあったからだと思います。
元気クラブに入ったきっかけは、小学校からやっていたソフトボールを中学でも続けたいと思いソフトボール部に入ったのですが、私のまわりはピッチングの指導ができる先生もいなくて部員も全員初心者でした。そんな環境の中でやっていても成長はできないだろうと心配した父が元気クラブを勧めてくれました。
元気クラブに入ったのは私が一番目だったらしく、最初は加藤先生とマンツーマンでした。
徐々に人数も増えてきたくらいのときに、大学や高校に練習をしに行くようになりました。
大学生、高校生のスピーディーでハイレベルなプレーは、中学の私にはとても衝撃的で学ぶことがたくさんありました。そんな中で、ある高校に出会いました。その高校は礼儀もしっかりしていて、プレーも凄い。ここの高校に入れば私も変われるかもしれないと思いました。
私はよく無愛想で返事もできないと言われていました。その高校を卒業した今では変わったね、とよく言われます。元気クラブに入ってその高校に出会えたから私は変わることができましたし、ソフトボールを続けることができています。もし元気クラブに入っていなかったら、ソフトボールも続けていないと思いますしどういう生き方をしているかもわからないです。
だから元気クラブは私のスタートラインです。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

金田夕芽