みんな笑顔で踊りました

2月2日「かとうゆかの感激の会」で
元気ソフトボールアカデミーの選手が
パプリカを笑顔で踊りました。

曲の途中に、ブリッジ、側転、倒立も
披露して、会場の皆さんを釘付けにしました。

笑顔で大きな演技、周囲を喜ばせるとともに
自分達も度胸をつけるにはよい機会。

とても素晴らしい演技でした。
目がウルウルしました。
見ていた人も同じことを言ってました。

元気っ子、感動をありがとう!!

Follow me!

中学生チーム・小学生チームの選手を募集します!

興味関心が持てる、楽しいと思える、そんな工夫をします。個人個人が、 本来持っている能力・技能があります。それを発揮させ開花させるには、 一人ひとりの自主性・主体性が不可欠です。 これからはアクティブ・ラーニングの時代です。 その自主性・主体性が「教えすぎ」によって奪い取られてしまうケースが とてもよくあります。教えないソフトボールとは、「教えすぎない」ことで、 一人ひとり自分自身で自分の弱点を知り、また、できる自分を発見しなが らレベルアップを計っていくことを目指す指導法です。それによって身につけたものは、本人の真の力となり、活きる技能となっていきます。その中で、仲間と共に学び合うことを大切にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

送別試合