2019年度飛翔会

3月上旬、3年生を送る飛翔会は時間と場所を変更して、
全員マスク着用、除菌スプレー・シート、取り箸を用意し、
バイキング形式は取りやめ、窓は開放して、
細心の注意を払い開催しました。

さすがに食事や出し物のときはマスクをはずして、

よく食べ、よく笑いました。

3年生も最後の出し物。

保護者もノリノリ。

送辞、「栄光の架け橋」合唱

有紗、泣きっぱなし(笑)

保護者から3年生へケーキのプレゼント。

卒業おめでとう。

元気ソフトボールアカデミーは、今回で10回目の飛翔会となりました。

高校では、さらにソフトボールの面白さを
追求していってくださいね。

Follow me!

中学生チーム・小学生チームの選手を募集します!

興味関心が持てる、楽しいと思える、そんな工夫をします。個人個人が、 本来持っている能力・技能があります。それを発揮させ開花させるには、 一人ひとりの自主性・主体性が不可欠です。 これからはアクティブ・ラーニングの時代です。 その自主性・主体性が「教えすぎ」によって奪い取られてしまうケースが とてもよくあります。教えないソフトボールとは、「教えすぎない」ことで、 一人ひとり自分自身で自分の弱点を知り、また、できる自分を発見しなが らレベルアップを計っていくことを目指す指導法です。それによって身につけたものは、本人の真の力となり、活きる技能となっていきます。その中で、仲間と共に学び合うことを大切にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

送別試合