スタッフを紹介します。

元気ソフトボールアカデミー開校から13年目。
いよいよGenkiclub卒業生がスタッフとして
後輩たちにソフトボールの楽しさを
教えるようになりました。
嬉しい限りです。

スタッフを紹介します。
【太田清花】

岐阜県多治見高校卒業
インターハイ3位、ベスト16
卒業後、東海理化に所属し、
日本リーグで5年間(2016-2020年)選手としてプレー。

小学2年生からソフトボールを始め、地元のクラブチーム、
少年野球を経て、中学校はソフトボール部に入部。
中学2年生の頃、人数不足でチームが成り立たなくなった事をきっかけに
Genkiclubにて活動開始。(3期生)

Genkiclubでは、レベルの高い人から教えてもらう事や、
一緒にプレーする機会が多く、身近に手本がいる事でレベルの向上は明らかでした。
Genkiclubと出会えた事で、今までに感じたことのない楽しさを味わう事ができ、
実業団選手になる!という夢も叶いました。

これからはコーチとして携われる事になったので、
今まで学んできた事を皆に伝えていきたいと思います。
やるからには楽しく、笑いも交えながら技術の向上が出来る環境を作っていきます。

【加藤さやの】

愛知県立尾北高校卒業
愛知県ベスト16、中日本大会第3位
星城大学リハビリテーション学部 理学療法学専攻 在学中

私は、中学校の部活に参加しながらGenkiclubに通っていました。
ここでは、技術はもちろん、礼儀や気配り、ソフトボールの楽しさを学びました。
現在、私は理学療法士を目指し、大学では理学療法について学んでいます。
大学に通いながらですが、時間のあるときにお手伝いをしています。
今まで学んできたこと、そして、ソフトボールの楽しさを伝えていきたいです!
よろしくお願いします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

今後の体験会